投稿

ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS_鍵盤のサイズを選ぶことに懐疑的な人達からの質問とそれに対する回答

この記事の元記事:  http://smallpianokeyboards.org/faqs/ Home - ホーム Keyboard history - 鍵盤の歴史 Pianists’ hand spans - ピアニストの手幅 Pianist Feedback - ピアニストの評価 Pain, injury and performance quality - 痛み、障害、演奏の出来栄え Competition Results - コンクールの結果 PASK - Pianists for Alternatively Sized Keyboards Resources - リソース Media - メディア FAQs - よくある質問 About - このウェブサイトについて FAQs - よくある質問とその回答をまとめたQ&A集 Q1: ピアニストがある鍵盤から別のサイズの鍵盤に変更するのは難し過ぎるのではないでしょうか。たとえば、子供が小さい鍵盤で学習した後、成長するにつれて標準鍵盤に移りたいと思った場合などです。 A1: 小さい鍵盤を弾いたことのある成人ピアニストの大半が、非常に速く、概ね1時間かそれ以下で新しいサイズに適応するという体験をしています。子供は通常ほぼすぐに適応します。 現在小さい鍵盤を弾く多くの成人ピアニストは、今でも時々標準鍵盤を演奏する必要に迫られるのですが、一旦最初の調整期間を経れば2つのサイズをすぐに切り替えられるというのが彼らの経験です。多くの場合、別のサイズでの1回の練習セッションか簡単なウォームアップしか必要としません。 この体験は、2台の異なる車(おそらく1台のマニュアル車と1台のオートマチック車)での運転、またはビオラも演奏するバイオリニストと比較することができます。標準鍵盤とDS6.0®(15/16)からの調整はほぼ瞬時に行われます。 詳細については、ボイル・R(Boyle, R.)(2012年)の『The experience of playing reduced-size piano keyboards. A survey of pianists(縮小したピアノ鍵盤を弾いた体験。ピアニストの調査)』、 MTNA e-Journal 、4月と、2015年の

ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS_サイズが選べる鍵盤に関するメディア報道

イメージ
この記事の元記事:  http://smallpianokeyboards.org/media/ Home - ホーム Keyboard history - 鍵盤の歴史 Pianists’ hand spans - ピアニストの手幅 Pianist Feedback - ピアニストの評価 Pain, injury and performance quality - 痛み、障害、演奏の出来栄え Competition Results - コンクールの結果 PASK - Pianists for Alternatively Sized Keyboards Resources - リソース Media - メディア FAQs - よくある質問 About - このウェブサイトについて Media - メディア Recent videos and radio coverage - 最近の動画やラジオ報道 LivingPianos.comでの個別指導で有名なロバート・エストリン(Robert Estrin)氏が、細幅鍵盤を支持するNAMM 2019トレードショーで簡単なビデオを公開しました。 https://www.youtube.com/watch?v=lvQEbiOBOws&t=6s オースティンの伝統的なラジオ局であるKMFAが、2018年の初めにキャロル・レオーネ(Carol Leone)教授にインタビューしました。 キャロル氏は、南メソジスト大学でのシュタインビューラーの鍵盤の体験について話しています。 www.kmfa.org/programs/18-staccato/episodes/2823-small-hands-big-keyboards ウェブサイト『A Musical Life』の所有者であるアメリカのピアニスト、ヒュー・ソン(Hugh Sung)氏が、2016年11月にデイビッド・シュタインビューラー(David Steinbuhler)氏とDS鍵盤の開発に関するポッドキャストを公開しました。 https://amusicallife.com/david-steinbuhler-developer-of-smaller-piano-keyboards/ カナダのCB

ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS_サイズが選べる鍵盤について書かれた出版物や資料

この記事の元記事:  http://smallpianokeyboards.org/recent-publications-and-other-useful-documents/ Home - ホーム Keyboard history - 鍵盤の歴史 Pianists’ hand spans - ピアニストの手幅 Pianist Feedback - ピアニストの評価 Pain, injury and performance quality - 痛み、障害、演奏の出来栄え Competition Results - コンクールの結果 PASK - Pianists for Alternatively Sized Keyboards Resources - リソース Media - メディア FAQs - よくある質問 About - このウェブサイトについて Recent publications and other useful documents - 近年の出版物とその他の有用な資料 Recent publications - 近年の出版物 Perez, Caroline Criado(ペレス, キャロライン・クリアド)(2019年) Invisible Women: Data Bias in a World Designed for Men.(目に見えない[無視されている]女性たち: 男性向けに設計された世界におけるデータのバイアス。) Penguin, London.(ペンギン、ロンドン。)(pp 157-159.) https://youshofanclub.com/2020/02/07/invisible-women/ Coates, S.(コーツ, S.)(2017年) Goldilocks and the Three Pianos - Ergonomics in Pianists.(金髪の人たちと3つのピアノ - ピアニストにおける人間工学。) The Piano Teacher , November, Hal Leonard Australia.(ピアノ・ティーチャー、11月、ハルレナード・オーストラリア。) ここに原稿を挙げています: http://smallpianok

ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS_サイズが選べる鍵盤の製造業者と試弾できる場所

この記事の元記事:  http://smallpianokeyboards.org/manufacturers-and-where-to-try-alternatively-sized-keyboards/ Home - ホーム Keyboard history - 鍵盤の歴史 Pianists’ hand spans - ピアニストの手幅 Pianist Feedback - ピアニストの評価 Pain, injury and performance quality - 痛み、障害、演奏の出来栄え Competition Results - コンクールの結果 PASK - Pianists for Alternatively Sized Keyboards Resources - リソース Media - メディア FAQs - よくある質問 About - このウェブサイトについて Manufacturers and where to try alternatively sized keyboards - サイズが選べる鍵盤の製造業者と試弾できる場所 Manufacturers and places for try-outs - 製造業者と試弾するための場所 サイズが選べる鍵盤のメーカーに関する情報については次のウェブサイトをご覧ください。 http://paskpiano.org/manufacturers-technicians/ 下の記事もご参照ください。 ※ ウォルター社のピアノに関して一部不具合が報告されています。この件に関してシュタインビューラー社では、ピアノに不具合があった場合は、返品の上、製品の代金および送料の全額返金を申し出ています。 学生が利用できる大学など、サイズが選べる鍵盤を試弾できる場所に関する情報については次のウェブサイトをご覧ください。 http://paskpiano.org/where-to-try-these-keyboards/ サイズが選べる鍵盤がメインのイベントで今後行われるものと最近行われたものの一覧については次のウェブサイトをご覧ください。 http://paskpiano.org/events/ 触って感触を確かめるためのピアノ鍵盤の物理

ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS_サイズが選べる鍵盤を使った演奏の動画やCD

この記事の元記事:  http://smallpianokeyboards.org/videos-and-recordings/ Home - ホーム Keyboard history - 鍵盤の歴史 Pianists’ hand spans - ピアニストの手幅 Pianist Feedback - ピアニストの評価 Pain, injury and performance quality - 痛み、障害、演奏の出来栄え Competition Results - コンクールの結果 PASK - Pianists for Alternatively Sized Keyboards Resources - リソース Media - メディア FAQs - よくある質問 About - このウェブサイトについて Videos and Recordings - 動画と録音 Videos - 動画 PASK(Pianists for Alternative Sized Keyboards - サイズが選べる鍵盤を支持するピアニスト)は、鍵盤を選択した事例を集約した3つの動画を制作しており、Part 1は問題の概要、Part 2は小さい鍵盤を弾くピアニストの体験についての説明と演奏の抜粋の提示、Part 3は男女差や人種差などの手のスパンの統計の要旨で、ピアノの演奏に手のスパンが重要である理由です。 日本語と中国語の文章のバージョンもあります。 https://www.youtube.com/playlist?list=PLHBn-VaaOCGe0Q5RFTjH05s5ASxVy-_la https://v.youku.com/v_show/id_XNDE1NDEzMDQwMA== ピアノコンクールでキーの幅が狭い鍵盤で演奏した今までで初めてのピアニストは、2014年3月にテキサス州ダラスで開催された、ダラス国際ピアノコンクールでのアルテム・アルトゥニャン(Artem Arutyunyan)氏でした。 シュタインビューラーのDS6.0®とDS5.5®鍵盤は、このコンクールに出場する出場者の選択肢として利用できます。アルテム氏はDS5.5®インチ(オクターブで139.7 mm)の鍵盤を選び、わずか数日の練習でこの

ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS_サイズが選べる鍵盤について書かれたウェブサイトやブログ

この記事の元記事:  http://smallpianokeyboards.org/other-websites-and-blogs/ Home - ホーム Keyboard history - 鍵盤の歴史 Pianists’ hand spans - ピアニストの手幅 Pianist Feedback - ピアニストの評価 Pain, injury and performance quality - 痛み、障害、演奏の出来栄え Competition Results - コンクールの結果 PASK - Pianists for Alternatively Sized Keyboards Resources - リソース Media - メディア FAQs - よくある質問 About - このウェブサイトについて Other websites and blogs - その他のウェブサイトとブログ Other websites and blogs - その他のウェブサイトとブログ キーの幅が細いアコースティック・ピアノの鍵盤のアメリカの主要メーカー: www.steinbuhler.com シュタインビューラー(Steinbuhler)社は、2018年にDS Standard Foundation Inc.( http://www.dsstandardfoundation.org/ )と呼ばれる非営利財団になりました。 Facebook: https://www.facebook.com/dsstandardfoundation/ Pianists for Alternatively Sized Keyboards (PASK)(サイズが選べる鍵盤を支持するピアニスト): http://www.paskpiano.org Facebookの場合は、 すべての人がアクセス可能なページ: http://www.facebook.com/pask.piano/ 非公開のグループもあります: https://www.facebook.com/groups/PASK.Action/ PASK ( サイズが選べる鍵盤を支持するピアニスト )もご参照ください。 その他ソーシャルメディアへのリンクは、この

ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS_サイズが選べる鍵盤の財団

この記事の元記事:  http://smallpianokeyboards.org/ds-standard-foundation/ Home - ホーム Keyboard history - 鍵盤の歴史 Pianists’ hand spans - ピアニストの手幅 Pianist Feedback - ピアニストの評価 Pain, injury and performance quality - 痛み、障害、演奏の出来栄え Competition Results - コンクールの結果 PASK - Pianists for Alternatively Sized Keyboards Resources - リソース Media - メディア FAQs - よくある質問 About - このウェブサイトについて DS Standard Foundation - DS規格基金 DS Standard Foundation - DS規格基金 2018年に、サイズが選べる鍵盤の主要メーカーであるシュタインビューラー(Steinbuhler)社は、アメリカ、ペンシルベニア州の非営利財団になり、501(c)(3)ステータスが与えられました。 アマチュアであれプロであれ、ピアノを弾く人たちが、DSのロゴマークが付いた鍵盤は自分が慣れ親しんだサイズだろうと分かり、世界のどこでも怪我を避けながら自らの音楽の全潜在能力を発揮し、自信をもって演奏し得るよう、世界的に認められているサイズが選べる鍵盤の標準規格を制定することが当財団の使命です。 DS鍵盤からの恩恵を受けている大学や音楽学校からの証言をいくつか挙げてみます。 http://smallpianokeyboards.org/wp-content/uploads/2020/11/Keyboard-School-Testimonies-1.pdf 当財団が世界中の教育機関、ピアニスト、製造業者を支援する方法や、この理念のために寄付する方法の詳細については次のウェブサイトにアクセスしてください。 http://dsstandardfoundation.org/ Facebookの場合: https://www.facebook.com/dsstandardfound