投稿

ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS_大人で手が小さい人はどれくらいいる?

イメージ
この記事の元記事: http://smallpianokeyboards.org/how-many-adults-have-small-hands/


Home - ホーム
Keyboard history - 鍵盤の歴史
Pianists’ hand spans - ピアニストの手幅
Pianist Feedback - ピアニストの評価
Pain & injury - 痛みと障害
Competitions - コンクール
PASK - Pianists for Alternatively Sized Keyboards
Resources - リソース
Media - メディア

How many adults have small hands?

- 手の小さい大人はどれくらいいる?
Proportions of adult pianists with 'small' versus 'large' hands
- 手の『大きい』成人ピアニストと比較した手の『小さい』成人ピアニストの割合 前記のページ: Defining a ‘small hand’『小さい手』の定義)より、『小さい』手を『大きい』手と区別する基準点が得られます。
これに基づいて、オーストラリアのピアニストの手のスパンのデータ(Hand span data – recent Australian study手のスパンのデータ - 近年のオーストラリアの研究))の分析が『小さい手』のピアニストの割合を推定するのに用いられました。
もちろん、これらの比率は標準鍵盤に関連したものです。

その分析では、6.0インチ(15.24 cm)未満の2-5(人差し指から小指)のスパンの調査という点におけるほぼ全てのピアニストもまた、1-5(親指から小指)のスパンが8.5インチ(21.59 cm)に満たないことが示されています。したがって、『小さい手』のピアニストの割合の推定値が、1-5(親指から小指)のスパンのみに基づいている可能性があります。
その結果、次の『区間』におけるピアニストの割合が下の表とグラフに示すように推定されています。

A: 非常に小さい
1-5のスパンが7.6インチ(19.3 cm)未満

B: 小さい
1-5のスパンが7.6インチ(19.3 cm)から8.5インチ(21.6…

ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS_“手が小さい”ってどれくらいの大きさ?

この記事の元記事: http://smallpianokeyboards.org/defining-a-small-hand/


Home - ホーム
Keyboard history - 鍵盤の歴史
Pianists’ hand spans - ピアニストの手幅
Pianist Feedback - ピアニストの評価
Pain & injury - 痛みと障害
Competitions - コンクール
PASK - Pianists for Alternatively Sized Keyboards
Resources - リソース
Media - メディア

Defining a ‘small hand’ - 『小さい手』の定義 『小さい手』とは、親指から小指のスパン(幅)が8.5インチ(21.6 cm)未満、および(または)人差し指から小指のスパンが6インチ(16.2 cm)未満のものと定義されています。

ボイル(Boyle)氏(2013年)は、『小さい手』を10度届かないものと定義したファリアス(Farias)他(2002年)と一致している(標準鍵盤の演奏に関する)『小さい手』の定義を支持しています。この基準も、あらゆる状況において、容易に、高速で、楽にオクターブが弾ける能力を示しています。 クラシックのピアニストは、自身の音楽能力の及ぶ限り幅広い曲目で演奏できるようにしたいと考えていると思われます。これにはベートーベンやシューベルトの時代以降の作品が含まれます。ジャズピアニストもまた10度に届きたいと思っています。

苦痛の無いオクターブの演奏を考えると、次の目的では約8.5インチ(21.6 cm)のスパンが望ましいです。

高速で広範なオクターブのパッセージ(例えばショパンのバタフライ・エチュードや英雄ポロネーズなど)での緊張を解消。
この評価は、様々なサイズの鍵盤を経験した数多くのピアニストの個人的体験、特に芳村氏とチェスキー(Chesky)氏(2009)の研究に基づいている。オクターブの演奏における緊張は、苦痛をもたらすだけでなく、速度や音色のコントロールを制限し、それ以外にも怪我のリスクを高めることが分かっている。
(参照: Hand size as a risk factor/危険因子としての手の大きさ) (中指と薬指を使って)望みどおりにレガート・オクターブが弾…

ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS_手のスパンと音程の届く範囲の比較

イメージ
この記事の元記事: http://smallpianokeyboards.org/hand-span-versus-interval-reach/


Home - ホーム
Keyboard history - 鍵盤の歴史
Pianists’ hand spans - ピアニストの手幅
Pianist Feedback - ピアニストの評価
Pain & injury - 痛みと障害
Competitions - コンクール
PASK - Pianists for Alternatively Sized Keyboards
Resources - リソース
Media - メディア

Hand span versus interval reach

- 手のスパンと音程の届く範囲の比較 手のスパンを最大の音程の範囲と関連付けることは有益です。つまりこれは、ピアニストが標準鍵盤上で指定された音程に広げる能力です。
[特定の音程に届く能力は、細幅鍵盤の多くの利点の1つにすぎませんが、それは特定の曲目を演奏できる能力に対する基本的な制約なのです。]

様々な音程を演奏する能力に対して、1-5(親指から小指)の有効な手のスパンを測定するため、私たち(ボイル&ボイル(Boyle&Boyle)、2009年)は、およそ25人の成人ピアニストの手のスパンを測定し、彼らが演奏できた最大の白鍵の音程を記録しました。
私たちは、最低限の弾き心地の良さ(親指と小指を端から黒鍵に向かって『ぎりぎり』滑らせる能力)と、強い不快感を伴いながら(白鍵の『縁』に)届いているだけの両方を記録しました。この較正の結果に加えて、オクターブの演奏に関する更に最近の研究(Defining a ‘small hand’(『小さい手』の定義)を参照)は、次のように要約できます。

おおよその境界値 – 白鍵の音程

6.7インチ(約17 cm) - ぎりぎりのオクターブ

7.6インチ(約19 cm) - 最小限リラックスしたオクターブ、ぎりぎりの9度

8.5インチ(約22 cm) - すべての状況でほとんどまたはまったく緊張のないオクターブ、
                 最小限リラックスした9度、ぎりぎりの10度

9.4インチ(約24 cm) - すべての状況でほとんどまたはまったく緊張のない9度、
               …

ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS_手の大きさ(スパン)の測り方

イメージ
この記事の元記事: http://smallpianokeyboards.org/measuring-hand-spans/


Home - ホーム
Keyboard history - 鍵盤の歴史
Pianists’ hand spans - ピアニストの手幅
Pianist Feedback - ピアニストの評価
Pain & injury - 痛みと障害
Competitions - コンクール
PASK - Pianists for Alternatively Sized Keyboards
Resources - リソース
Media - メディア

Measuring hand spans - 手の幅(スパン)の測定 あなたの手のスパンを測定する簡単な方法は、定規または測定テープを使用することです。
これを水平な面に置き、ヒトデのように指を広げた状態で左手を定規の上に平らに置きます。小指の外側の先端をゼロの印に合わせ、痛みを感じ始めるまで定規に沿って親指を広げます。親指の外側の端にある測定値を読んでください。これで1-5(親指から小指)の有効な幅が分かります。
この作業を右手でも繰り返します。今度は親指の外側がゼロの印と揃い、小指が定規に沿って広がります。
2-5(人差し指から小指)の有効な幅を測定するには、人差し指と小指を使って上記の作業を繰り返します。

もう1つの方法は、前述の『先行研究』の中で言及され、下にも表示されている、シュタインビューラーのハンドゲージを使用することです。
http://www.steinbuhler.com/html/handsizepage.html
ですが、これを印刷する際は定規で確認して、印刷後の縮尺が正確かどうかを確認する必要があります。

異なる研究の手のスパンのデータを比較するときには、測定法を考慮することが重要です。
具体的に言うと、ここで留意すべきは、ワグナー(Wagner)によるもの(参照ページ: Earlier hand span studies過去の手のスパンの調査報告))など以前のいくつかの研究では、近年のオーストラリアやいくつかのアメリカの研究のように外側の端からではなく、親指や他の指の中間点から手のスパンを測定しているということです。中間点から測定すると、スパンが全体的に小さく見えてしまいます。

ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS _ピアノを弾く人たちと弾かない人たちの手の大きさの比較

この記事の元記事: http://smallpianokeyboards.org/pianists-versus-non-pianists/


Home - ホーム
Keyboard history - 鍵盤の歴史
Pianists’ hand spans - ピアニストの手幅
Pianist Feedback - ピアニストの評価
Pain & injury - 痛みと障害
Competitions - コンクール
PASK - Pianists for Alternatively Sized Keyboards
Resources - リソース
Media - メディア

Pianists versus non-pianists

- ピアニストとピアニスト以外の人たちの比較 ピアニストとピアニスト以外の人たちの手の幅(スパン)を比較するのは興味深いことです。
つまりは、ピアニストの手は全人口を反映しているのでしょうか。

公表されている詳細な人体測定データの多くは成人集団の無作為標本ではなく、例えば、ギャレット(Garrett)(1971年)、グライナー(Greiner)(1991年)、ドネルソン&ゴードン(Donelson & Gordon)(1996年)といったアメリカの軍隊要員からの測定値に基づいています。その他のデータは、例えば、ナッグ、ナッグ&デサイ(Nag, Nag & Desai)(2001年)や、セーンチャイヤ&バンテルンチット(Saengchaiya & Bunterngchit)(2004年)といった工業労働者に由来しています。ほとんどの場合、手のスパンは測定されていません。
アメリカにおける人間の手の多種多様な特徴の測定結果(ギャレット(Garrett)1971年)によると、測定された特性によっては、男女間の差は通常10%と20%の間に及びます。
例を挙げると、セーンチャイヤ&バンテルンチット(Saengchaiya & Bunterngchit)(2004年)や、ナッグ、ナッグ&デサイ(Nag, Nag & Desai)(2001年)や、マンダハウィ他(Mandahawi et al)(2008年)といったいくつかの比較用の手の人体計測データは、アジア系の人たちが一般に白人よりも手が小さいことを浮き彫りにしていま…

ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS _手の大きさと身長の比較

イメージ
この記事の元記事: http://smallpianokeyboards.org/hand-span-versus-height/


Home - ホーム
Keyboard history - 鍵盤の歴史
Pianists’ hand spans - ピアニストの手幅
Pianist Feedback - ピアニストの評価
Pain & injury - 痛みと障害
Competitions - コンクール
PASK - Pianists for Alternatively Sized Keyboards
Resources - リソース
Media - メディア

Hand span versus height - 手幅と身長との比較 背の高い人たちは、背の低い人たちよりも手が大きい傾向があるのでしょうか。身長は手の幅(スパン)の信頼できる予測因子なのでしょうか。

大学のビジネスを専攻している学生のサンプルより収集されたデータ(ボイル、ボイル & ブッカー(Boyle, Boyle & Booker)、2015年)からの下のグラフでは、彼らの1-5(親指から小指)の手のスパンと相反して記されている背の高さが示されています。

この回帰分析では、人の身長と1-5(親指から小指)の手のスパンとの間には、弱いながらも明確な関連性があることが示されています(R2=0.41; p=0.00)。言い換えれば、人の身長は1-5(親指から小指)のスパンの手掛かりにはなるものの、完全な予測の判断材料にはなりません。 左上の象限にある、かなりの(9インチ(22.86 cm)より大きい)1-5のスパンであるにもかかわらず身長が63インチ(160 cm)しかない人という極端な例にご注目下さい。そして、右下の象限には比較的手の小さい長身の人たちが多数おり、多くの場合はるかに背の低い人たちよりも小さいです。

人間とは取るに足りないものなので、「彼らは手のスパンが小さいはずだ。」またその逆に、「背が高い人は手のスパンが大きいに違いない。」といった、人々が誤ってそのように結論付けているのを耳にしてしまうはごく当たり前のことなのです。

ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS _手の大きさに関するこれまでの調査

イメージ
この記事の元記事: http://smallpianokeyboards.org/earlier-studies/


Home - ホーム
Keyboard history - 鍵盤の歴史
Pianists’ hand spans - ピアニストの手幅
Pianist Feedback - ピアニストの評価
Pain & injury - 痛みと障害
Competitions - コンクール
PASK - Pianists for Alternatively Sized Keyboards
Resources - リソース
Media - メディア

Earlier hand span studies - 過去の手のスパンの調査報告究 過去の手のスパンの測定では、その人口母集団全体で大きなばらつきが見られました。
芳村氏とチェスキー(Chesky)氏(2009年)は、ノーステキサス大学の400人近くの演奏家の手のスパンの最小と最大の差が4インチ(11 cm)あったと報告しています。これはピアノの鍵盤ほぼ5個分の幅です!
米国音楽教師協会(MTNA - US Music Teachers National Association)の2004年の全米会議で、デイビッド・シュタインビューラー(David Steinbuhler)氏は160人のピアニストの手のスパン(親指から小指の幅のみ)を測定しました。左手と右手が混ざり合って測定されています。
ピアニストの有効な1-5(親指から小指)の手のスパンの分布が、シュタインビューラー氏によって作成された下の図表に示されています。
(参照: www.steinbuhler.com/html/our_research.html日本語))
この場合もやはり、性別による違いが明白です。彼はピアニストの人種的背景を記録してはいませんが、混在していることが分かっています。


過去のピアニストの手のスパンのデータ(ワグナー(Wagner)、1988年)とシュタインビューラー氏のデータを比較すると、その結果は上のページに記載されているオーストラリアの研究と概ね一致しています。
ここで留意すべきは、ワグナーのデータが外側の端ではなく指先の中心からの測定値に基づいているということです。しかしながら、この測定過程の違いは、1-5(親指から小指)のスパンの測定値よ…