投稿

ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS_PASK - Pianists for Alternatively Sized Keyboards(サイズが選べる鍵盤を支持するピアニスト)とは?

イメージ
この記事の元記事: http://smallpianokeyboards.org/pask-campaign/


Home - ホーム
Keyboard history - 鍵盤の歴史
Pianists’ hand spans - ピアニストの手幅
Pianist Feedback - ピアニストの評価
Pain, injury and performance quality - 痛み、障害、演奏の出来栄え
Competition Results - コンクールの結果
PASK - Pianists for Alternatively Sized Keyboards
Resources - リソース
Media - メディア
FAQs - よくある質問
About - このウェブサイトについて

PASK - Pianists for Alternatively Sized Keyboards
Pianists for Alternatively Sized Keyboards (PASK)
- サイズが選べる鍵盤を支持するピアニスト
『・・・この着想をピアノの世界に根付かせる上で最も厄介な障害となっているのがその文化です。現在の鍵盤のサイズが『標準』になっているのですから、『普通』のもの以外はどんなものであっても差別されるのかもしれません。』
芳村英里(Eri Yoshimura)博士 および クリス・チェスキー(Kris Chesky)博士、テキサス音楽・医療センター(Texas Center for Music & Medicine)、ノース・テキサス大学(University of North Texas)、米国・テキサス州・デントン。
‘The application of an ergonomically modified keyboard to reduce piano-related pain.’(人間工学的に変更されたピアノ関連の痛みを和らげる鍵盤の使用。), MTNA e-Journal, November 2009.(MTNA電子ジャーナル、2009年、11月。)

ノース・テキサス大学の近年の博士論文では、全米の大学のピアノを専攻する学生と教職員を調査しています。その回答の多くが、標準となっているピアノの鍵盤と関連した手の大きさの問題について、無知や誤った情報が蔓…

ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS_国際的なコンクールの受賞者の男女差や人種差

イメージ
この記事の元記事: http://smallpianokeyboards.org/competition-results/


Home - ホーム
Keyboard history - 鍵盤の歴史
Pianists’ hand spans - ピアニストの手幅
Pianist Feedback - ピアニストの評価
Pain, injury and performance quality - 痛み、障害、演奏の出来栄え
Competition Results - コンクールの結果
PASK - Pianists for Alternatively Sized Keyboards
Resources - リソース
Media - メディア
FAQs - よくある質問
About - このウェブサイトについて

Competition Results - コンクールの結果
International piano competition results - 国際ピアノコンクールの結果
コンサートピアニストの多くは、ハイレベルなピアノコンクールでの成功を基礎としてキャリアをスタートさせます。
手の小さいピアニストが自分の手の大きさに合わせて曲目を選べるとはいえ、(アンサンブルで演奏する人を含む)演奏キャリアの成功を持続させている人たちは通常、広範囲にわたる曲目を演奏することが期待されています。

国際的な演奏キャリアを持続させたいと思っているピアニストが幅広い曲目での卓越性を実現するためには、10度に届く手のスパンを持つ必要があります。
Repertoire choice(曲目の選択)と、2011年7月にE・ブッカー(E. Booker)氏とR・ボイル(R. Boyle)氏によって書かれたAPPCA 会議(オーストラリア・ピアノ教育学会議)の論文をご参照ください。)
DS5.5®(7/8)鍵盤の効果とは、『平均的な』女性が手のスパンに関して『平均的な』男性の領域に組み込まれる、例えば、ロシア人作曲家の作品をはるかに高い割合の女性が演奏する機会が開かれるということです。

一流レベルのピアノ演奏では、多くのスポーツと全く同様に、非常に繊細なことが勝利者を他の人たちから区別します。
ピアニストが克服しなければならない技術的な障壁が多いほど、同じ能力を持っていても障壁(その中で手の大きさが明らかにそれ)がな…

ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS_ストレッチ運動の利点、限界、危険性

この記事の元記事: http://smallpianokeyboards.org/stretching-exercises-benefits-limitations-and-dangers/


Home - ホーム
Keyboard history - 鍵盤の歴史
Pianists’ hand spans - ピアニストの手幅
Pianist Feedback - ピアニストの評価
Pain, injury and performance quality - 痛み、障害、演奏の出来栄え
Competition Results - コンクールの結果
PASK - Pianists for Alternatively Sized Keyboards
Resources - リソース
Media - メディア
FAQs - よくある質問
About - このウェブサイトについて

Stretching exercises - benefits, limitations and dangers

- ストレッチ運動の利点、限界、および危険性
Stretching exercises - benefits, limitations and dangers
- ストレッチ運動の利点、限界、および危険性
ピアニストと教師が、(他にも多数あるが)ピアニスト向けの特定のストレッチ運動について議論したり奨励したりすることがよくあります。

手や指、あるいは腕を伸ばす目的を考慮することは重要です。
多くの場合、(1)手や指のスパンを拡大し、(2) 長期間にわたって筋肉の柔軟性や強度を維持するという2つの広義な、時には重複する目的があり、そのような運動がピアニストの通常の準備運動習慣の一環となっていることが多いです。

Can stretching the fingers and hand increase a pianist’s reach at the keyboard?
- 指や手を伸ばすと、鍵盤でピアニストの届く範囲を広げることが出来る?
(手のスパンが演奏や曲目の選択を制限するものとして広く定義されている)『手の小さい』ピアニストは、自身のスパン - 親指と小指の間の端から端までのスパン、および(または)その他の指の間の全体的なスパンを拡大するため、ストレッチ運動や、更には機械的装置の可能性を求めて頼ることがよく…

ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS_老化がピアノの演奏に及ぼす影響

イメージ
この記事の元記事: http://smallpianokeyboards.org/impacts-of-aging/


Home - ホーム
Keyboard history - 鍵盤の歴史
Pianists’ hand spans - ピアニストの手幅
Pianist Feedback - ピアニストの評価
Pain, injury and performance quality - 痛み、障害、演奏の出来栄え
Competition Results - コンクールの結果
PASK - Pianists for Alternatively Sized Keyboards
Resources - リソース
Media - メディア
FAQs - よくある質問
About - このウェブサイトについて

Impacts of aging - 老化の影響
Impacts of aging - 老化の影響
老化の進行がピアニストにマイナスの形で影響を及ぼすという広範な証拠があります。もちろん、これはピアニストの間で大きく異なる可能性があり、老齢になっても高度なスキルを維持している人もいます。

老化が手の機能に与える影響は、一般に多くの研究者によって研究されてきました。これらには、筋肉量や筋力の低下、筋肉の協応性、指の機敏さ、手の感覚の衰えが挙げられます。

ランガナタン(Ranganathan)他の研究では、年齢と共に手や指の筋力が低下し、つまみ力を制御する能力や、つまんだ姿勢をしっかりと維持する能力の低下、手先の速度や手の感覚の衰えが見られました。彼らは、男性に比べて女性の方が、年齢とともに繊細な器用さや強さにより深刻な低下を感じることに気付きました。
筋力の低下は、筋肉量の減少、速筋繊維の萎縮、そして老化で筋肉を完全に活性化する能力が低下することによって引き起こされると思われます。中枢神経系にも通常衰退が見られます。手動速度の低下は、関節のこわばりの増加や筋肉協調の低下に関連している可能性があります。

ワグナー(Wagner)(1984年)は、ピアニストとバイオリニストに関する自身の詳細な研究で、年齢とともに指の受動的可動性が低下することを発見しています。(下の表を参照。)
受動的可動性は関節の動きに対して起きる機械抵抗の量を決定します。ピアニストにおいては、これが人差し指、中指、薬指、小指の基…

ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS_手の大きさと演奏の出来栄えとの関連性

この記事の元記事: http://smallpianokeyboards.org/hand-size-as-a-risk-factor-2/


Home - ホーム
Keyboard history - 鍵盤の歴史
Pianists’ hand spans - ピアニストの手幅
Pianist Feedback - ピアニストの評価
Pain, injury and performance quality - 痛み、障害、演奏の出来栄え
Competition Results - コンクールの結果
PASK - Pianists for Alternatively Sized Keyboards
Resources - リソース
Media - メディア
FAQs - よくある質問
About - このウェブサイトについて

Performance quality - 演奏の出来栄え
Performance quality - 演奏の出来栄え
ピアノの演奏の出来栄えという側面を直接調査し、これが手のスパンとどのように関連するかを検討した研究はほとんどありません。
1つの研究(リー(Lee)、1990年)では、手の人間工学的変数が演奏の出来栄えの程度(動的および時間的均一性)と相関していないことを発見しています。しかしながら、その選択されている抜粋(単純な5本指の練習とアルペジオ)は、幅広い伸びや跳躍を含んでいなかったため、この指のスパンに関する関連性の欠如は恐らく驚くに値しません。
仮にそうであるとしても、音楽の名士は手が小さくても、バッハやモーツァルトなどのバロック音楽や初期古典派の曲目を演奏する場合は必然的に『手に収まる』傾向があるため、女性ピアニストが極めて不利な条件に置かれているように思えます。
Competition Results (コンクールの結果)をご参照ください。)

具体的に手の大きさに関するものではありませんが、Goebl&Palmer(ゲーブル&パーマー)(2013年)の論文は、手首・手・指の動きの効率と演奏の出来栄えとの因果関係に関する確かな証拠をもたらしています。彼らは、タイミングの正確性と精度、音の強さの観点から出来栄えを測定しました。
手の小さいピアニストは、手の大きいピアニストと比較して、手や手首の動きがはるかに大きく、音符に到達するために飛び越えたり傾いた…

ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS_細幅鍵盤と標準鍵盤とを比較した研究

この記事の元記事: http://smallpianokeyboards.org/comparative-studies-with-different-keyboards-2/


Home - ホーム
Keyboard history - 鍵盤の歴史
Pianists’ hand spans - ピアニストの手幅
Pianist Feedback - ピアニストの評価
Pain, injury and performance quality - 痛み、障害、演奏の出来栄え
Competition Results - コンクールの結果
PASK - Pianists for Alternatively Sized Keyboards
Resources - リソース
Media - メディア
FAQs - よくある質問
About - このウェブサイトについて

Comparative studies involving alternatively sized keyboards

- サイズの選べる鍵盤に関連した比較研究
Comparative keyboard studies - 比較鍵盤研究
研究におけるサイズの選べる鍵盤(※)の使用は非常に新しい活動分野ですが、アメリカの研究チームから重要な結果が浮かび上がっています。

ライステン(Wristen)氏ら(2006年)は、身体的な安楽に関する経験的データを提供するため、手の小さいピアニスト(有効な1-5(親指から小指)のスパンが8インチ(約20 cm)以下であると定義)を対象とした、筋電図検査の使用が含まれている予備研究を実施しました。
指定の音楽の抜粋の演奏中の、筋肉負荷、手のスパン、手首の屈曲と伸展、橈骨と尺骨の逸脱が測定されました。その試験は、特定の鍵盤の演奏、体系的な練習会、そして他の鍵盤への移動から成っていました。
試験ではまた、専門家集団によって記録や評価がなされ、結果は自己評価と比較されました。比較の用途にDS5.5® (7/8)鍵盤とDS6.5 (標準)鍵盤の両方が使用されました。

この研究の結果は、被験者の自己申告による最高の成績が専門家の評価と一致することを示しました。すべてのピアニストが全体的な快適感に基づいてDS5.5®鍵盤を選びました。
この結果は、鍵盤の打ち損ない、躊躇、および、必要な手のスパンの範囲、測定された…

ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS_手と鍵盤が合っていない上での、人間工学、生体力学の観点からの不利な点

この記事の元記事: http://smallpianokeyboards.org/ergonomic-and-biomechanical-evidence/


Home - ホーム
Keyboard history - 鍵盤の歴史
Pianists’ hand spans - ピアニストの手幅
Pianist Feedback - ピアニストの評価
Pain, injury and performance quality - 痛み、障害、演奏の出来栄え
Competition Results - コンクールの結果
PASK - Pianists for Alternatively Sized Keyboards
Resources - リソース
Media - メディア
FAQs - よくある質問
About - このウェブサイトについて

Ergonomic and biomechanical evidence

- 人間工学的および生体力学的証拠
Ergonomics and biomechanics - 人間工学と生体力学
ピアノの鍵盤とあまり釣り合っていない手の不利な点の証拠を、人間工学や生体力学が提供しています。これらの比較的新しい分野は、ピアノのテクニックに関連して人体の最も効率的な使い方を見極めるのに利用可能です。人間工学の土台は『形態は機能に従う』、つまり、道具や装置の設計は人間の手の寸法に基づいている必要があるということです。
生体力学的および人間工学的研究により、手首の動きの度合い、反復性、力強さが、腱炎、手根管、およびその他の神経絞扼の危険因子であると決定されています。
女性ピアニストはより小さな手とより細い骨構造によって、男性に比べてこれらの疾患にかかりやすくなっています。

ライステン(Wristen)氏は、選定されたピアノの課題の遂行を説明し分析するため、生体力学的研究から実証された定量的データを再調査しました。彼女は障害の一因となる可能性のあるいくつかの動きや癖を特定しました。これらには手首の角度(橈骨と尺骨の逸脱、極度の回内または回外運動)や、強い力の反復運動が挙げられています。
ディール&ライステン(Deahl & Wristen)(2003年)は、手の小さいピアニストは必要とされる手首の横移動、屈曲、伸展および逸脱の度合いが手の大きい演奏者よりも大きい…