2016年7月9日土曜日

ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS_Piano competitions that provide keyboard choice

この記事の元記事: http://www.smallpianokeyboards.org/piano-competitions-that-provide-keyboard-choice.html

Performances, conferences and competitions

PIANO COMPETITIONS THAT PROVIDE KEYBOARD CHOICE

鍵盤の選択肢を提供しているピアノコンクール


毎年3月に開催される世界初の国際ピアノコンクール(Dallas Chamber Symphony International Piano Competition - ダラス室内交響楽団国際ピアノコンクール)は、標準鍵盤だけでなく、シュタインビューラーの鍵盤(DS5.5®とDS6.0®)の選択権を、2014年以来参加者に提供しています。
以下にアクセスしてください。
http://www.dcspianocompetition.org/


2017年のコンクールの出場者、ミウン・キム(Mi-Eun Kim)氏が、DS6.0®鍵盤でラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を演奏しました。彼女はコンクールの前日に初めてこのサイズの鍵盤を試弾しましたが、1時間以内に慣れました!
彼女の一次予選の演奏の出だしのリンクは以下の通りです。
https://www.youtube.com/watch?v=VDML3ZbM1UU


2番目のオクラホマ州のピアノコンクールは、2018年からシュタインビューラーのDS6.0®鍵盤の選択肢を提供しています。クレショフ国際ピアノフェスティバル&コンクール(Kuleshov International Piano Festival and Competition)は、UCO美術大学(UCO College of Fine Arts and Design)とUCO音楽学校(UCO School of Music)と共同して、スウィギアト財団(Swigeart Foundation)によって資金提供されています。15〜24歳のピアニストを対象としています。
詳細については以下にアクセスしてください。
http://www.uco.edu/cfad/thekuleshov/index.asp


関連の動画については以下をご覧ください。
Videos, CDs and other resources動画、CDおよびその他のリソース


0 件のコメント:

コメントを投稿